目元の小じわ対策なら、スキンケアついでに目元のポイントマッサージ!

美人

 

目元の小じわ対策に、スキンケア以外で何かできる方法はないかと探している方に、簡単に出来る方法としてマッサージをお勧めします。
目元に小じわが出来るのは、目の周りの肌が疲れている証拠です。マッサージで目の周りの血行を良くして、血液と一緒に肌に必要な栄養素が巡りやすくしてあげましょう。

 

目元の小じわに、ポイントマッサージ
  1. 準備:目の周りの皮膚は薄いので直に触れると刺激になってしまいます。クッション代わりにクリームなどを間に挟んで行います。クリームを手に取り手の平の熱で温めておきます。
  2. 1の手の平で温めたクリームを、目の周りに優しく伸ばしていきます。
  3. 中指と薬指をこめかみにあてて、くるくると2回まわし、軽く圧を加えてから、ゆっくりと指を離します。(左右2回ずつ行います。)
  4. 人差し指、中指、薬指の3本を軽く眉頭におきます。ここをスタート地点にして、まぶたの上を通り目の周りを2周します。(左右2回ずつ行います。)

 

目元マッサージの注意点
  • 目元の皮膚はデリケートです。力は込めず優しく撫でるようにマッサージします。
  • 決められた回数を守って行います。やり過ぎはかえって逆効果です。
  • 顔のマッサージは、毎日行う必要はありません、3日に1度くらいでも十分です。

 

マッサージの目的は肌の血行を良くすることです。ですから専用のマッサージクリームを用意する必要はありません。
お金に余裕があるのなら用意して、マッサージついでに美容成分も入れましょうぐらいの気持ちでいいと思います。
肌を滑りやすくするものだったら、クリームにこだわる必要もありません。手持ちにクリームがないなら、クレンジングのジェルやオイルでも代用はできますよ。

 

→小じわ改善に効果アリ!のツボ

筋肉はいくつになっても鍛えられます。エクササイズで小じわ対策!

目元の小じわ対策なら、マッサージのほかにエクササイズという方法もあります。目の周りのような薄い皮膚の下にも筋肉はあります。
土台となる筋肉が衰えると肌がたるみしわになります。皮膚が薄い分、たるむとしわが目立ってしまいます。
目元の表情筋を鍛えて、目元小じわを改善しましょう。

 

→目元に小じわができてしまう原因

 

目元の小じわ対策エクササイズ その1
  1. 天井に顔を見上げ、そのまま目だけ真下に向け、上まぶたを意識しながら、ゆっくりとまばたきします。(1日3回のみ。)
  2. 次に顎を引いて床を見て、そのまま、目だけ真上に向け、目の下の筋肉を意識しながら、ゆっくりとまばたきします。(1日3回のみ。)

 

チェックこのエクササイズは、上まぶたと目の下の筋肉を鍛えます。顔の向きと目の向きが逆になることがポイントです。

 

目元の小じわ対策エクササイズ その2
  1. 顔は正面を向き、眉毛中央に人差し指を、目の下に親指を当てます。
  2. 1の状態のまま、薄目を作って5秒間キープし、ゆっくりと手を離します。(1日3回のみ。)

 

チェック目の周りの筋肉を鍛えるストレッチ法で、適度に目の周りの筋肉がほぐれることで、しわが改善されていきます。

 

エクササイズを行う上の注意点
  • 回数を間違えないようにしましょう。朝昼晩、3回ずつではなく、1日3回のみです。これ以上のエクササイズは逆効果です。
  • フェイスエクササイズの最適な時間はリラックスしているときです。理由は、最も筋肉が動くのがリラックスした状態のときだからです。
  • エクササイズをしたから大丈夫と、長時間スマホを見たりしては意味がありません。エクササイズ後は、目の筋肉を休ませましょう。

 

目の周りの筋肉が鍛えられると、表皮にハリがでてきて小じわが目立たなくなります。筋肉は何歳からでも鍛えることができますから、コツコツ続ければ必ず結果が出ることでしょう。歳だからと諦めないで、チャレンジすることが大切です。