ツボ押しで小じわ対策、小じわにおすすめなツボはこれ!

目を閉じる美女

 

手軽にできる小じわ対策として、仕事合間のちょっとした時間にも出来るのはツボ押しです。ここでは、ツボ押しが目元の小じわ対策に効果的な理由と、おすすめのツボをいくつか紹介します。

 

ツボ押しで目元の小じわが消える理由

目の周りは皮膚が他の部分に比べてとても薄くなっています。その上、多くの毛細血管で覆われています。
そのため、目の周りは血液がうっ血(血液の流れが悪くなって滞ってしまうこと)しやすくなっています。

 

うっ血が改善されると、皮膚から透けて見えていた黒い静脈の血液が無くなってクマが改善されます。さらに新しい血液が栄養分を運んでくるので、肌の再生が促されて小じわも改善されるのです。目元のトータルケアにツボ押しは最適です。

 

目元の小じわに効果的なツボ
その1.攅竹(さんちく)

〈効果〉
 目のまわりの血行を改善して、顔のくすみや目元の小じわ、疲れ目にも効く。
〈ツボの場所〉
 眉毛の眉頭の端の部分、大きく凹んだところ。
〈ツボの押し方〉

  1. 中指もしくは人差し指のはらの部分で、優しく上へ持ち上げるように押しましょう。 左右同時に押し5秒間静止、その後、ゆっくりと離します。(5回まで)
  2. ツボ押しと言ってもあまり強く指を押しすぎないようにしましょう。

小じわ対策に必ず紹介されているメジャーなツボです。血行が良くなり小じわ改善だけでなく、目の疲れがとれ視界が明るくなるツボです。

 

その2.球後(きゅうご)

〈効果〉
 気の循環をスムーズ整えむくみを解消します。目元のシワ、たるみを改善、腫れぼったくなったまぶたにも効果的。
〈ツボの場所〉
 目尻と目の下の真ん中あたりの部分、骨のくぼみにあるところ。
〈ツボの押し方〉
 人差し指の腹をツボの上に当てて、軽く左右に動かしながら圧を加える。

小じわに効果的ですが、疲れでまぶたや目がピクピク時する眼瞼けいれんやマヒにも効くツボです。

 

→目元の小じわに効く!マッサージ&エクササイズ

目の疲れにも効果的、おすすめ小じわ対策ツボ紹介!

目元の小じわ、目の使い過ぎによる目の疲れも大きな原因の一つです。
ここで紹介するのは目の疲れに効くツボ、長時間のパソコン作業やデスクワークで目が疲れてきたというときに押してもらいたいツボです。もちろん目元の小じわ対策
にもおすすめです。

 

疲れ目治して小じわ改善、おすすめツボ紹介

その1.瞳子りょう(どうしりょう)

〈効果〉
 目元の小じわや目の周りたるみだけでなく、肌の乾燥や荒れにもオススメの美容効果もあるツボです。
〈ツボの場所〉
 目尻の横約1cmほど外側の部分、目じりのくぼみのあたり。
〈ツボの押し方〉
 人差し指のはらを使って、やや軽めの力で押します。(5回ほど繰り返し)

 

その2.絲竹空(しちくくう)

〈効果〉
 肌のシミや目元のシワ予防だけでなく、顔全体のむくみにも効果的。
〈ツボの場所〉
 眉尾(眉の一番外側)にある小さな骨のへこみ部分。
〈ツボの押し方〉
 中指もしくは人差し指の腹を使い、優しくゆっくりと押します。(目安は5回ほど。)

 

その3.睛明(せいめい)

〈効果〉
 クマやむくみ、くすみを改善、ハリや弾力を高めるので小じわも改善、肌年齢UP効果も見込めます。
〈ツボの場所〉
 目頭と鼻の間、骨がへこんでいる部分にあるツボ。
〈ツボの押し方〉
 親指と人差し指でつまむようにして、ゆっくりと圧をかけます。

 

絲竹空(しちくくう)のツボに限らず、目の骨の周りには、血管や神経が並走しているので、眉頭から眉尾の向かって数回こするだけで血行が改善されます。目の充血や疲れ目、かすみ目、集中力をUPさせたいときや頭痛解消にもなります。仕事の合間、30分に1度ぐらいは背伸びをし、このツボ押しで疲れを取りましょう。仕事の効率が上がりますよ。